自分なりのパワースポットを見つける♪

自分なりのパワースポットとして認定する基準は、それこそ感覚的にエネルギーを感じる、パワーを受け取っている気がする、それから、ここにいると癒される、気分が落ち着く、といったところが、私のパワースポットに当たります。

そのひとつが、とある港町です。

私としてはここなら、一日中でもボーっと居れます。いわゆる何もしない、という時間はとても贅沢というか、貴重なひとときだと思います。

それもこれもたぶん、いつもバタバタやっているからこそだと思うのですが、こういう時間ってときには大事なような感じがしています。

ただ「何もしない」といっても、頭の中ではいろいろとこれからのこととか、いまの自分の状況とか、考えてはいるわけで、そういうことを考えるときは、落ち着いた心の状態のときがいいように思います。

良く言えば、冥想しているとでも言っていいのかなと思いますが。

結論を出すために訪れる、ということはまだないですが、大事な決断をしないといけないというときも、この海岸に来ようかなと思いますね。島田秀平じゃないですけど、私のパワースポットです。

2016年もお世話になるでしょう!自分なりのパワースポットが見つかるまでは、島田秀平の紹介にあやかりましょう♪

パワースポットという言葉が普通に使われ出して久しいですが、その名の通り、いいエネルギーを受けられたり、騒ついている気持ちが落ち着いたり、といった効果のある場所と言えると思います。

島田秀平はパワースポットに詳しいことで有名ですが、もともとは手相占いが得意で、その流れからスピリチュアルくくり?で、パワースポットでの話が出てきたような感じがします。いずれにしても、現代人の疲れといいますか、忙しさ、それに、気持ちがネガティヴになるようなところへ、メスを入れるようなもので、世間一般に受け入れられたのは、何となく納得が行く感じです。

ところで、手相っていうのは、年々変わってくるなんてことも言われます。手のシワが変わることも当然あるでしょうけれども、年齢を重ねることでシワが増えるというよりは、相が変わるということがあるみたいですね。

手相占いは、ある程度、生命線、結婚線、金運線など、島田秀平のオリジナル手相線なんかだと、玉の輿線、エロ線、KY線等々、といった決まった線から、ある程度その人の運勢を占うことはできるみたいですが、詳しい手相占いは誰でもができるというものじゃなく、相をみることができるかどうか、ってことがあるみたいです。

私思うんですが、パワースポットとにいって手相を見てもらうと、いわゆるいい手相になって現れるのかなぁなんて思います。

手の線がいきなり変わるなんていうのは考えにくいとは思いますが、相が違って見えるということはありそうに思います。

それこそ、両方に精通している島田秀平にパワースポットで2016の運勢占い、手相占い、ちょっとやってもらいたいなぁと思いますね。

人混みが嫌いな自分にもピッタリのパワスポがあったりします。

2016年のパワースポットでオススメなところは、島田秀平が推薦してくれるのを待つことにして、私なりの個人的なパワースポットとしているところがあります。そこへ行くと気持ちが落ち着く、平常心で物事が考えられる、というスポットです。

私は人混みが嫌いなタチなので、いくらエネルギーが満ち溢れている、と言われても、超人気のパワースポットっていうのは、あんまり出向こうとは思いません。ホントは興味があるんですが、人の多さ、混み具合に、その気持ちも失せていまいます。

どうしても行きたかったら、できるだけ人がいない時間帯とか、ベストシーズンではないときなんかがいいですね。それこそ、いくらすごいパワースポットだとしても、人がわんさか居たら、パワーも振り分けられてしまうんじゃないですかね。まぁ私が人が多いの苦手だからそうやって言っているだけの感じもありますが。

2016年おすすめのパワースポット、とかいう感じで、きっと島田秀平のサイトにももうすぐしたら紹介ページが設置されるんだろうと思います。

ただ、島田秀平のスマホサイトって、どっちかというと、手相占い推しの感じで、手相占いがメインのサイトになっている感じがありますが、パワースポットのコンテンツもなかなか評判が高いんです。ページの下の方にあるので、もしかしたら気づいていない人もいるかもしれないですが、なんかもったいない気がします。

2016年もパワースポットby島田秀平 で、エネルギーをめいっぱい享受いたしましょう♪

オススメの場所はどこなんでしょう。

2016年にいちばんパワーをもらえる場所など、詳しい説明は、パワースポット博士とでも言えそうな島田秀平氏にお任せ!って感じですかね。

ここ最近、島田秀平がパワースポットを紹介しているのをきっかけにして、自分なりのパワースポットを見つけようとしたりしています。

場所の歴史とか、言い伝えとか、そういう知識は私にはほとんどないわけですが、要するに自分の感覚的に、ここはパワースポットだぜ!と思えるところを見つけたいと思っています。

何の気なしに出かけた先でいいことがあったりするものです♪

2016年のパワースポットとして、島田秀平氏にノミネートされるのはどこになるんでしょうか。

島田秀平の手相占いとスマホサイトには、ページの下の方に、パワースポットの紹介などもあって、意外と…でもないかもしれませんが、知る人ぞ知る、なかなか人気のコンテンツなんです。

島田秀平が、手相占いが得意なこと、パワースポットとかスピリチュアル系の話に精通していることは、テレビでもお馴染みですし、よく雑誌なんかでも、島田秀平と行くパワースポット!とかいうタイトルで紹介などをしているので、有名なことではあると思います。

そういう話を聞いたりして、島田秀平のことを知っている人は多いはずなんですが、この人のスマホサイトを知らないという人は、結構多くて、ちょっともったいないような感じもします。

さすがはお笑い芸人とあるだけあって、話が面白いのはお茶の間でも知られていますけど、そのエンターテインメント的な表現の裏には、かなりの深い知識とパワーがあるということです。

2015年のパワースポット、としてたくさんの今年も紹介してきていますが、島田秀平がオススメするパワースポットに行った人で、会社を起こして成功したり、好きだった人と結ばれた、なんていう口コミもあったりします。もちろん本人たちの努力や魅力によるところがあるとは思うのですが、パワースポット紹介の文言なんかをちゃんと読んでいると、いろんなことを感じるところがあります。

2016年も引き続き、パワースポット紹介も手相占いも支持を得続けるとは思いますが、スマホサイトなら手軽に気軽に試せるので、実際にチェックしてみると良いと思います。

どっか行きたいけど、どこに言ったらいいんだろう・・・と思ったりするときは、とりあえずパワースポットとして島田秀平氏がオススメしている神社などへ行ってみる、というのもいいかもしれません。

結構、何の気なしに訪れただけなのに・・・と福を呼び寄せることは意外とあるものですよ。

2016年 島田秀平 パワースポット!手相占い!

2016年パワースポット、手相占いも島田秀平のスマホサイトは好調を続ける見通しでしょう。

なにか天気予報みたいなことを言ってますが、島田秀平のパワースポット紹介と、KY線、エロ線、カリスマ線、玉の輿線といった、独特の手相占いをする島田秀平のスマホコンテンツは、2015年の後半の今でも、かなりの利用者がいて、2016年も引き続きファンを魅了していく兆しが見えます。

特にパワースポットについては、島田秀平に限定してなくても、2015年のパワースポット、とかいうタイトルで、ネット上にもたくさん紹介されていましたし、旅行会社とかでも、パワースポット推しでの旅行企画を打ち出したりしていました。

2016年のパワースポットがぼちぼち取り上げられて、紹介されることになるのだろうなと楽しみにしています。

ところで、わざわざ2016年のパワースポット、なんて言い方をするのが、私としてはちょっと不思議な感じもします。パワースポットってその年その年によって、オススメの場所が変わるってことなのかなぁと思えます。

まぁ無いとは言えない感じもします。例えば神社とかであれば、昔の偉人とか神様を祀っているものがほとんどだと思うのですが、いつ祀られたとか、いつ亡くなったとか、そういうのに因んで年代によって、そのパワーやエネルギーが違ってくるなんてことも大いにありそうな気がします。

インパクトとして、2016年のパワースポット!と言われると、ぜひその年に行っておこうとか思う感じもしますが、やっぱりパワースポットごとに、2015年がいい、2016年がいい、って言うのがあるのだろうと思います。

島田秀平というと、パワースポットと手相占いがパッと思い浮かびますが、彼のスマホサイトのスピリチュアル話は、2016年も必見、必聴、必読のコンテンツ満載になることまちがい無いでしょうね。面白いですもん…

コンサート会場がパワースポットに!(ジュリー、沢田研二編)

パワースポットとは違うかもしれませんが…

パワースポットというのとはちょっと違うかもしれないのですけれども、昨年、ジュリーこと、そう、沢田研二のコンサートに行ったのです。

この人を知らない人は、私の年代くらいの人には少ないと思いますけれども、ジュリーは、私が子供の頃から歌い続けていて、60代後半になった今も、毎年だったでしょうか、アルバムを発表ていて、ツアーも毎年やり続けているんですね。

私の記憶が一番あるのは、テレビにやたらと出ていて、奇抜な?化粧をしていたり、衣装がすごかったりというあの時期の姿です。

いまどうしてジュリーなの?というと、嫁さんが急にはまったのが理由です。

詳しい経緯はよく知らないのですが、ジュリーのことを言い出してからというもの、CDやレコードを入手、レコードプレーヤーも調達しています。

CDに成っていない、レコードしかないものがあるんだ、と言うことです。

いやはやこのエネルギーには頭が下がる?じゃないな、圧倒されるというか、すごいもんだなと感心するばかりです。

私もコンサートに付き合ったわけですが、オーディエンスの年齢層はやはり相当に高く、開演前には、身体のことや病気の話、年金の話などをしている、おばさん…というか、おばぁさんたちがたくさんおられました。

それを考えると、ジュリー、沢田研二という人は、ずうっと当時のファンを魅了し続けているということになりますね。

そうそういないですよ、アイドル的存在の人が、これだけ長い間ずっとファンがついて来てくれている人なんて。

ファンの人たちにとってみれば、ジュリーのコンサート会場は、まさにパワースポットと言えるようなところなんじゃないでしょうかね。そういうところって、やっぱり人にはあった方が、人生豊かになるものなんだろうと、改めて思いますね。