月別アーカイブ: 2018年2月

島田秀平の手相鑑定は「語り」と一対だから説得力あるんですね。

手相占いで一躍有名になった島田秀平。っていうか、人志松本のゾーッとする話で有名になったんかな?

まっいずれにしても、そういう、占いとか怖い話とか、いわゆる科学的でない話がすごい詳しい人ですね。

お笑い芸人さんだけあって、話の持って行き方なんかもめっちゃうまいし、怖い話だったら、ほんまにゾゾゾーッとしますもんね。

手相占いにしても同じく、手相の見方がオモロイです。エロ線、KY線、カリスマ線など、ネーミングがいいですわ。

昔から言われている、結婚線、感情線、金運線とか、そんなのももちろん気になるけど、島田秀平の命名した手相線は、その人の性格とか性癖とかに関わるものが多い感じがしますね。

なんとなく手相占いと聞くと、悪い意味でじゃないですけど、古いイメージがあるように思いますけど、エロ線とかKY線とかカリスマ線とかと言われると、急に新しい感じがしてくるから不思議です。

友達同士で、手のひら見合って、お前エロ線濃い過ぎやろー! KY線何重にあるねん!とか言いながら、手相占いを楽しめる感じがします。

確かに、かつて良くいた、道端で座っている易者さんとかのイメージだと、静かに、落ち着いて、という雰囲気があるんですが、島田秀平にかかれば、楽しむ手相占いに早変わり!という感じです。

いろんなスタンスで手相占いを楽しめるのはいいなと思います。

そうそう、そういえば、手相は常に変わっていくんだ、ということが、何となくほんとにそうなの?と思う私ですが、多分それは、自分が、手のひらのシワとしてしか、手相を認識していないからかもしれないですね。

島田秀平の手相占いで、カリスマ線、エロ線、KY線とか、いろんなオモロイ手相線の種類があります。

こういうネーミングですから、飲み会とかでもみんなでお互いの手相を見ながら遊べそうです。

見てみろ俺のカリスマ線を! お前は見ての通りKY線がくっきりしてやがるなぁ、アンタはなんという濃いエロ線を持ってるんや!なんて言いながら、ワイワイやる感じが目に浮かびます。

昔は手相占いというと、ちょっとしんみりしたイメージ、落ち着いた雰囲気の占いだという感覚が僕にはあったんですが、島田秀平の手相解説の現代語訳とでも言ったらいいのか、手相線のナウい命名のお陰で、すごく一般に浸透してきている感じがあります。

手相占い界における島田秀平は、かなり異色だと思えます。ベースがお笑い芸人なんで、余計に若い層へのアピール力が強いようにも思います。

手相を見続けて何十年というベテランさんから、何とかの甥、とかいうふうに称号?を与えられたとのことで、昔ながらの手相占いと、若者とを繋げる、架け橋のボジションにいるとも言えそうです。

島田秀平の手相占い
▼ 公式サイト ▼

島田秀平のパワースポット紹介もオモシロイ

島田秀平のパワースポット紹介は面白いですね。

芸人さんなんで話もうまいし、ついついパワスポ巡りをしたくなります。適当な旅行情報とか観光地紹介よりもよっぽど旅情を誘う感じが私にはあります。

ところで昨日の晩はスーパームーンが見えるということでちょっと職場でも話題が出ていました。地球上のどこでも見えたのかどうか分からないですが、ネット上には結構写真とか出ていて、でっかくて赤い感じの月の写真が出ていました。

パワースポットの定義みたいなものがあるのかどうか分かりませんが、自然のパワーが湧き出ているところなんかは、島田秀平のパワースポットの話の中にもよく出てきます。

なんとなく、昨夜みたいなスーパームーンが見えるときって、その見える場所が全体的になんらかのエネルギーに満ち溢れているような感じがしてしまいます。

私自身、特別なパワースポットとかスピリチュアル系のことに信心深いというわけではないのですが、こういう自然現象っていうのは、都市化した今の世の中であると言えども、自然の一部である人間に対して、少なからず何かの作用を与えていると考えても、不思議ではない気がします。

スーパームーンって、名前で聞くとすごい明るいイメージがあるんですが、アップされている写真などを見ると、赤くてなんとも怪しいイメージを持ってしまったりします。

昔のひと、びっくりしたでしょう。

でも、地球が月に一番近い状態だということらしく、地球全体がパワースポットみたいな感じのタイミングだったのかなぁなんて思えて、みんな月のエネルギー?パワーをもらえたんじゃないかと思います。

島田秀平の手相占い、今こそ要チェック!

島田秀平さんの手相占いの話題を見て、ふと思ったのですが、そういえば、最近は、道の隅っこに、灯篭を灯して、手相占いをしてくれる易者さんの姿、見かけることが極端に少なくなっているなぁと思います。

少なくとも、ここ数年は、私は、手相占いいたします、と座っている姿、見てないです。

確かに、今見かけると、若干、怪しい…怖い…というようなイメージがあるかもしれませんね。夜道に、小さい机に、ロウソク立てて、じぃ~っと座っているんですもんね。

そんな姿と重ねて、手相占いと聞くと、少し古いとでもいうか、昭和的?感じの印象が浮かんできます。

そこへ手相占い界の新星?島田秀平氏にご登場頂きましょう、って感じで、モテ線、KY線、あげまん線、などなど、あるわあるわ、新しい手相の線。

島田秀平氏、オリジナルで命名した手相線も、100種類にのぼるとか。

しかも、当たるときたら、温故知新的な感じでしょうかね。島田秀平氏、おそるべし手相占い師であります。

とはいえ、島田秀平氏、芸人さんだけあって、やっぱり、話がうまいし面白いです。怪談なんてむちゃくちゃ寒イボでますし、手相占いは、話に引き込まれて、ほんとにどっぷり信じてしまう感じになりますもんね。

手相占いで、○○線、というやつ。生命線とか、結婚線とかってのは、昔から、易者さんに見てもらうときにも、よく聞きますし、本でも見かけました。

島田秀平氏が、手相占いでこんなに有名になったのは、話がうまいのと通じるのかもしれませんけど、そういう、手相占いで出てくる、○○線というやつを、自分で命名して、広めているところがスゴイなと思います。

島田修正氏曰く、「手相占いは統計学」とのこと。すごいデータ量なんだろうなぁと思います。ここに、KY線があるから、こういう性格の人が多い、などと説明するは、統計学ですから、それなりの母数が必要なわけで。

想像すると恐ろしい数の、手相を見ているんだろうなと思います。

▼ 島田秀平の手相占い【公式サイト】 ▼