カテゴリー別アーカイブ: 島田秀平☆手相占い

パワースポットで手相を見たらいい?

島田秀平が、手相占いでブレイクして、人志松本の○○な話で、怖い話したりして、そのスピリチュアルな面が印象づけられました。

しかも、本当に詳しいし、話が面白いんで、さすがは芸能人、芸人さんという感じがします。

ところで、島田氏の得意ジャンルであるパワースポット。ここで手相を見ると、その鑑定結果は良くなるんでしょうかね。

手相といっても、どうやら専門家というか、鑑定士の人たちは、シワだけで判断している訳ではない印象があります。

シワだけだったら、本を横においてじっくり見れば誰でも出来ちゃうことになると思います。

確かに、手相占い師が、すべての手相線を把握しているということだけでも、相当な猛者だと思いますが、例えば分類しにくい線が見えた時に、他の手相線との絡み方であったり、それをどう読むかで、だいぶん結果が変わってくるんじゃないかと思うんですね。

手相といっても、この線は金運線?結婚線?恋愛運を表すシワ?などと、手相の個性は細かく見ると広すぎて、訳が分からなくなる絡み方していると思います。

やはり、相、という言い方には意味があるように感じますね。

そんな相を、正のエネルギーが湧き出ているところで見てみたら、きっと良い相が現れるだろうと思います。

手相占いとオススメするパワースポットが入ったスマホ片手に、気分良く旅にでも出かけましょうかね(笑)

島田秀平の手相占い・公式サイト
パワースポット情報も満載♪
 ▼  ▼  ▼

 

 

 

結婚しても手相占いとパワースポット紹介は面白い島田秀平さん

島田秀平さんが結婚したときのニュースが載っている雑誌がたまたま出てきました。
Yahoo!のニュースとかでも結構取り上げられてましたけど、一般女性がお相手だったんですよね。
結婚の話で、自分が手相やらパワースポットとかの話をしていて、恋愛運やら結婚運、それに、結婚線、玉の輿線とか、そういうことを言っているわりには、結婚していないって、どうも説得力がないじゃないですか…みたいなコメントしていたみたいですけど、私には、ちょっとした照れ隠しというか、シャレっぽく聞こえました。
まぁパワースポットという意味では、恋愛がうまくいくパワースポットとか、縁結びのパワースポットとかもたくさん紹介されてましたから、なのになんで結婚してないの?とかいう意見も出てきそうなもんですが、当の本人が結婚を望んでいない場合は、縁結びて有名なパワースポットに行ったからといって、結婚するようになるわけでもないでしょうからね。
パワースポットって、そこに溢れているエネルギーと、そこに行った人で受け取る体勢ができているに充電されるように思います。
ある程度、ここのパワーを頂いていきますよ〜という感じで出向くのがいいんだろうなと。
まぁ何にせよ、島田秀平さんご結婚おめでとうございます。これからも、面白い手相占い、パワースポット紹介を頼みますね〜♪

【公式ページ】島田秀平の手相占い
▼  ▼  ▼

恋愛中の手相

恋愛真っ只中のときなんかだと、手相も変わるんでしょうかね。

状況によって、手相が変わってくるというのは、島田秀平の話でも出てきていたと思うんですが、気持ちの上で、恋愛というものは、かなりの影響があるものだと思うんです。

バイオリズムが良い悪いというのもあるんですが、感情的な起伏を考えたら、恋愛中って、相当な心の動きが伴っているだろうと思うんです。

しかも恋愛って相手があることで、自分だけでコントロールできるものでもないですし、上手くいっているときは天にも登るような幸せを感じるでしょうし、逆に失恋ということになると、本当にもう終わりだ…なんて感じてしまったり、その感情の振れ幅たるや、なかなか他には無いものなんじゃないかと思えるくらいです。

あまり恋愛のことを相談しようというときに、手相を見てもらうというイメージはない気もしますが、手相の中にも、恋愛運をみる線があったりはしますよね。

島田秀平のオリジナルでは無いですが、昔からある結婚線というのもあるわけですから、恋愛についても手相で鑑定するということはできるんだろうと思います。

確かに、手のひらの線が、恋愛中の感情とリンクしてみるみる変わっていくとは考えにくいですが、相という言葉が示すような、手相が物語ってくる空気のようなものは変化しているんだろうと思います。

恋していますね?みたいに当てられることがあるんですから、何か出ているんでしょう。

恋愛中の人、手相占いしてみたら何か面白いことが見えてくるかもしれませんよ!?
【公式ページ】島田秀平の手相占い
▼  ▼  ▼


 

 

 

カリスマ性のある手相

カリスマ性のある手相というのが本当にあるとしたら、芸能人で人気の人たちとか、各業界で権威的な人の手相は、やっぱりカリスマ線が強く出ているんでしょうかね。

手相というのも、未来にそうなっていく運勢を表しているのか、今現在のことを表しているのか、そのあたりはよく分かりませんが、少なくとも、手相が人の状況や運勢を如実に表現しているということは、人を集める、人から注目される人たち、カリスマ性のある人たちの手相には、カリスマ線が現れていてもおかしくないはずです。

なにか宗教的な組織の教祖のような立場に当たる人とかはカリスマ性とは縁が深そうに思います。あと、トップデザイナーとかも、カリスマ性なんていう言葉とは切っても切れない関係にありそうな感じです。

ちなみに嫁に言われて、左手を出して見てもらった時には、私の手相には、カリスマ線はまったくといっていいほど、無かったとのことであります。

特別にカリスマ性が欲しいと思っているわけではないにしても、少しくらいはそういう要素があるような手相になっていても良いんじゃないの?と思いますが、それが現実ですからね〜。

確かにカリスマ性を自分が持っているとは思えないのですが、嫁、そんなに笑わんでもいいのと違いますか、と思いました。

カリスマ線が無いだけで笑いを誘える、おいしいと言えばその通りなので、良しとしますか。
島田秀平の手相占い公式ページ
↓  ↓  ↓


 

 

手相をみるって?

島田秀平のように、手相をみる、とまではいかないにしても、ふと自分の手のひらを眺めることはあります。

そう言えば、誰ぞの詩だったかにありましたね、働けど働けど我が暮らし楽にならず じっと手をみる みたいなやつが。

特別な貧乏だとは言えないですし、あんまりそういうことは言いたくないタチでもありますが、いろいろと考えることはあります。

日々忙しくしているつもりになっているんですけども、いったい自分は何を求めて、ある種の我慢をしているんだろうか、というような感覚に苛まれるときがたまぁにある感じがありますね。

私ももう干支が3巡以上していますし、会社員生活もそれなりに長くなってきて、言うなれば、職場における中堅と言いますか、いわゆる中間管理職的なポジションにいるわけです。

そんな自分が、自分の手相、手のひらをじっと見る、とかいうと、えらく悩んでいるような文章に見えてしまうでしょうかね。

またなんでこんなことを書いているんだろうというと、また上の管理の仕事につかないかという話が出てきたことがあるんです。

これって、喜ばしいことなんだとは思うのですが、自分にとっては、そういう感覚ではなく、何か「じっと手をみる」と表現するイメージです。そういうものなのか、と自分に問うているような感じですかね。

まぁボヤキはこれくらいにしておきましょう。これから帰宅して、家呑みにするとしますか(^^)
島田秀平の手相占い【公式ページ】
▼ ▼ ▼ ▼ ▼