パワースポットの定義

パワースポットの定義って曖昧な感じがします。ここはパワースポットです、と言ってしまえば、そうなるという感じですよね。

でも、島田秀平とかが言うと、僕としては、ほほぉちょっと行ってみたいなと思います。島田さんて手相を見るので有名ですし、あと例の怖い話とか得意ですよね。

こういうのって、スピリチュアルな系統のものなんで、島田秀平がパワースポットですよというと、そんな気がしてきます。

ただ、僕人身でここはパワースポットだと思って、年に何回かは行っているところがあるんです。ここへ行くと落ち着いた感じになれるのと、深呼吸したくなる雰囲気があります。

こじんまりとした神社なんですけど、大木が立っていて、それこそ、2匹の大蛇か竜が絡み合っているような雰囲気を醸し出している木があるところです。

隣どうしで立っていた木が密接しているために、まるでひとつの木のようになって来て今に至るとかいうことです。

かなり近場で、わざわざ出向かないときでも、横を通ることがあるくらいの近さ。パワースポットといえども、別に遠出する必要はないと思いますし、パワスポと各個人のウマが合う合わないがあるようなので、自分の感覚でパワースポットを定義してしまってもいいように思います。

そういえば僕のお気に入り神社の木、樹齢何年とか説明板に書いてあったような気がしますが忘れていますね…。今度行ったときに確認しておこうと思います。