手相占いってどっちの手でみるの?

人の手ってのは、当然のことながら、左と右とふたつあって、両手でセットですわな。

で、1対のもので、しかも左右対称についてるものの、両方の手相もきれいに対象になっているわけじゃなく、違った手相を持っているようだ。

じゃあ、実際に手相占いをしてもらうときなどは、どっちの手相を見るんや、ということになる。

その答えというと、両方ともを診んかい!というのがホンマの手相の見方みたい。

だいたいが、右利きの人の場合であったら、左手の手相が、本来その人が持って生まれた運命とか運勢を表している、とされているらしい。

もう一方の右の手相と言えば、生まれつきのというよりは、生まれてからのその人の努力によって得た、いわゆる後天的な運勢を表している、と言われているらしいのだ。ちなみに、左利きの人の場合は、これの逆なのだそうだ。

要するに、利き手の手相が、生まれつきの運勢。利き手の逆側の手相が、後天的な運勢を表している、ということになるわけですな。

ところで、右利きの人で、たとえば、頭脳線というやつが右手の手相に明確に出ているなんて人があったなら、その人の努力で、そうなってきたということになるわけやね。

もし反対に、左の手相に頭脳線がくっきり出ていた、ということであれば、もとから天才的な頭脳を持って生まれた、ということを表している、っちゅう具合に、手相占いは言っていることになる。

こんな感じで、手相を見る、と言っても、本当に見ようと思ったときには、両手の手相を見てやるのが、手相占いの正式なやり方なんだとされているらしい。