島田秀平の手相占い、手のシワを見るだけじゃないのよ!

手相占いができると、飲み会とかで結構使えるんですよね。

モテる!というと言い過ぎかもしれないですけど、話題は尽きないです。

人の数だけ手相があって、それこそ、モテ線、KY線、カリスマ線、エロ線、玉の輿線…とか言い出したら、ずぅっと話し続けられますもんね。

 ▼ いろんな手相をチェック! ▼
【島田秀平 手相占い 公式サイト】

島田秀平がやっぱり面白いのは、そのオリジナル手相の名前を、上手くつけたことにあるんでしょうね。

どこまで手相占い界で、注目されているのかなどはあんまり知らないんですが、少なくとも、お笑い芸人としては、怖い話とかでも有名になったんで、その名前は知られている方だと思います。

しかも、お笑いって、どちらかというと、若者の反応如何が、人気の主要因だと思われるんで、島田秀平のお陰で、手相占いそのものが、若年層にもアピールされる環境を作った、なんてことも言えそうに思います。

昔からあった、手相占いのようなものが、今の時代にも脈々と残っているというのは興味深いことですよね。

星占いとかも相当歴史があるし。

おそらく、手相占いの場合だったら、島田秀平のような人が、ちょっとした新しい風を取り入れた感じになって、老若男女問わず、世代を超えた形で、認知されることに貢献したんだろうと見えます。

そういう人が現れることで、この文化は残していかなきゃならん!とか、躍起にならなくても、自然と受け入れられて、続いていくっていう形は、なかなか理想的だと思います。

島田秀平の手相占い、おもしろいので是非お勉強?してみるといいと思います。

実際に、手相占いって、掌のシワの有る無し、どこにそれがあるか、長さはどれくらいか、深いか浅いか、などで判断するもんだと思っている人、多いと思うんですよね。

島田秀平のおっしょはんとも言うべき、ベテランさんの手相占い師の人から、島田氏が言われた、「あんた、見えるわね…」という言葉から、単純にシワがどうこうだけではないような感じですね。

確かに、一般の普通の人たちが、手相をああでもないこうでもないと言いながら見て、楽しむのは面白いし、ある程度、それで鑑定らしきことは出来るんだろうと思います。

それなりに当たるとかそういう事実などかないと、なかなか広まったりしないでしょうからね。

ただ、「相」という文字が使われていることからイメージできることは、視覚的な線だけではない感じも確かにしてきます。

ちなみに、右利きの人は、左手が基本的な運命などを表していて、右手の方は、後天的な内容を表している、とされているそうです。

ちゃんと手相として見ようとすると、両方の手相を見るのが、大事なようです。

それにプラスして、線、シワだけでなく、相を診る。そうなってくると、やはり「見える人」に鑑定してもらうのがいいんでしょう。

島田秀平の手相占いでであれば、面白おかしく鑑定が出来そうですが、怖い話も十八番!という感じなので、シリアスな判定もあるかも?