男にも玉の輿線は現れる?

島田秀平の手相占いは、島田秀平オリジナルで命名した手相がえらくたくさんあるんで、さすがお笑い芸人さん、と感心しつつ、おもろいもんだなぁと、ちょくちょく見ています。

KY線、エロ線、カリスマ線などは、みんなで集まったときとかに、俺にはカリスマ線や、お前はどぎついKY線だ、あんた案外エロ線クッキリねーとか言いながら、やいのやいのと言い合ったりしてました。

こないだ何かの雑誌で、島田秀平の手相占いのページがありまして、そこで、玉の輿線というのを見つけました。

島田秀平の手相占い
↓【公式サイト】↓

玉の輿にのる、なんて言いますが、これって基本的に、そんなに金持ちじゃない女の人が、経済的に成功している人と結婚をして、ブルジョアジーじゃないや、なんでしたっけ、セレブですか、そういう身分を獲得するに至ること、ということですよね。

男の場合は、玉の輿線というのはどういうことになるんだろうと・・・

最近は、女性の社会進出も、まだ当たり前というところまでじゃないかもしれないですが、そんなに騒がれないくらいにメジャーにはなってきた感じもあるんで、男の玉の輿線というのも、大アリになってきているかもしれませんね。

何となく我々の感覚では、女性に食わしてもらってるというと、ヒモ男!という、イメージがあるんですけどね。

今は、本当に女性の方がたくさん稼いでいるなんてのも、珍しくは無くなってきているかもしれません。

色男 金と力はなかりけり、ということわざも、玉の輿線はクッキリと、と続くかんじでしょうか。

なるべきくしてなった、手相占い師としての島田秀平氏。

エロ線ですって。ふふふ。

そうです、島田秀平の手相占いに出てくる、手相の線のひとつ、男女問わず、手相に表れるようですが・・・

さすがは芸人さんとの二足のわらじを履いているだけあって、手相線(…という言い方をするのかどうか分かりませんが)のネーミングが、笑えるし、今っぽいです。

KY線とか、モテ線なんていうのも、もうかなり有名になっています。こういう名前になると、手相占いそのものが、グッと、普段生活に、近寄ってくる感じがします。

それに、仲間と手相を見あったりしたら、なかなか面白い展開になったりしそうですよね。おまえ、メチャメチャな濃いエロ線があるやないかー!てな感じで。

手相って、ずぅっと一緒なんじゃないらしいです。なので、一回、手相占いして、出てきた鑑定結果が、その人のたったひとつの判定結果だ、というわけではないんです。

指紋が、本人固有のものと言われるから、手にある皺ということで、生涯にわたって変わらないようなイメージもあるんですけどね。

でも、島田秀平が、手相についての手解きを受けた、その道の大ベテランの人に、当時言われたのが、「貴方、見えるようねぇ?」ということだったらしいです。

それって、ただ単に、線の種類を勉強するだけじゃなくて、なにか他の要素、「それ」が見えるかどうかっていう、「それ」という要素が、手相占いにはあるんだということを言ってるんですよね。

なんか、島田秀平が手相占いするのは、なるべくしてなった、という感じもしますね。

モテるにはわけがある?手相に表れる「モテ線」♪

お笑い芸人の島田秀平さん、手相占い。月数百円そこそこ、まぁ喫茶店でコーヒー1杯飲むくらいで、いつでもどこでもスマホで手相占いができるってわけです。

モテ線、KY線、金運線、エロ線、あげまん線、・・・。ものすごい分類の手相の占い線があり、面白い、飽きない。しかも、線の名前が今風! 笑えますよね。

手相占いの世界では、同じような意味合いの線は、以前からあったのかもしれないけれども、いまの時代でも、若い人でも、しっくり来やすい、伝わりやすい言葉で表しているってのは、さすがは島田秀平氏、というところですかね。

モテ線あるのかな…と見ましたが、私はほとんど無さそうでがっくりです。当然のごとく、モテないよりは、モテたいのでありまして…。

私、男ですが、モテ線って、女性の方も確認する人は多いみたいですね。ヒューヒューいわれるようなモテ線の出方ではなくても、なにか人に好かれる、というようなモテ線もあるみたい。

ほんとたくさんあるので、面白いです。

改めて、モテ線、ないかなぁと自分の左手を眺めるも、どうも、あんまりシワがないようであります。どおりでモテない?

でもね、手相というのは、あるときに変わると言われているらしく、まだまだ諦めるわけにはいきませんよ。仕事やスポーツ、遊びに勉強、いろいろトライして頑張っていってるうちに、モテ線が出てくるなんてこともあるでしょうよ。

手相って、てのひらのシワをおもに見るようなんですけど、“相”ということもあって、本当に、いわゆる科学的に数値化されるばかりじゃない部分、もあるように思うんですね。

モテ線でいうなら、モテている人、全員がはっきりしたモテ線を持っているか、というと、そうとも言い切れないところがあるでしょ?

例えば、モテ線はないのに、愛情線みたいなのが目立つような手相をしている人は、手相占いをしてもらったら、モテ線があるよう鑑定が出たりしますよね。

やっぱり、「手相」占いという言葉からイメージされるのは、手のひらの相、なので、シワの絡み合いとか、そこから醸し出される相をくみ取って見ているのだろうなぁというイメージです。

だってそうですよね。不特定多数には全然モテない人で、特定の人からたっぷりモテている場合なんて、これは、モテてるということになりますかね?なんていうこともあるんでね。この人のモテ線はどうなんだろってわけですよ。

要は、手の相、全体の感じを見てもらうということで、僕のモテ線も、まだまだ分かりませんよ!?

島田秀平の手相占い、手のシワを見るだけじゃないのよ!

手相占いができると、飲み会とかで結構使えるんですよね。

モテる!というと言い過ぎかもしれないですけど、話題は尽きないです。

人の数だけ手相があって、それこそ、モテ線、KY線、カリスマ線、エロ線、玉の輿線…とか言い出したら、ずぅっと話し続けられますもんね。

 ▼ いろんな手相をチェック! ▼
【島田秀平 手相占い 公式サイト】

島田秀平がやっぱり面白いのは、そのオリジナル手相の名前を、上手くつけたことにあるんでしょうね。

どこまで手相占い界で、注目されているのかなどはあんまり知らないんですが、少なくとも、お笑い芸人としては、怖い話とかでも有名になったんで、その名前は知られている方だと思います。

しかも、お笑いって、どちらかというと、若者の反応如何が、人気の主要因だと思われるんで、島田秀平のお陰で、手相占いそのものが、若年層にもアピールされる環境を作った、なんてことも言えそうに思います。

昔からあった、手相占いのようなものが、今の時代にも脈々と残っているというのは興味深いことですよね。

星占いとかも相当歴史があるし。

おそらく、手相占いの場合だったら、島田秀平のような人が、ちょっとした新しい風を取り入れた感じになって、老若男女問わず、世代を超えた形で、認知されることに貢献したんだろうと見えます。

そういう人が現れることで、この文化は残していかなきゃならん!とか、躍起にならなくても、自然と受け入れられて、続いていくっていう形は、なかなか理想的だと思います。

島田秀平の手相占い、おもしろいので是非お勉強?してみるといいと思います。

実際に、手相占いって、掌のシワの有る無し、どこにそれがあるか、長さはどれくらいか、深いか浅いか、などで判断するもんだと思っている人、多いと思うんですよね。

島田秀平のおっしょはんとも言うべき、ベテランさんの手相占い師の人から、島田氏が言われた、「あんた、見えるわね…」という言葉から、単純にシワがどうこうだけではないような感じですね。

確かに、一般の普通の人たちが、手相をああでもないこうでもないと言いながら見て、楽しむのは面白いし、ある程度、それで鑑定らしきことは出来るんだろうと思います。

それなりに当たるとかそういう事実などかないと、なかなか広まったりしないでしょうからね。

ただ、「相」という文字が使われていることからイメージできることは、視覚的な線だけではない感じも確かにしてきます。

ちなみに、右利きの人は、左手が基本的な運命などを表していて、右手の方は、後天的な内容を表している、とされているそうです。

ちゃんと手相として見ようとすると、両方の手相を見るのが、大事なようです。

それにプラスして、線、シワだけでなく、相を診る。そうなってくると、やはり「見える人」に鑑定してもらうのがいいんでしょう。

島田秀平の手相占いでであれば、面白おかしく鑑定が出来そうですが、怖い話も十八番!という感じなので、シリアスな判定もあるかも?

島田秀平の手相鑑定は「語り」と一対だから説得力あるんですね。

手相占いで一躍有名になった島田秀平。っていうか、人志松本のゾーッとする話で有名になったんかな?

まっいずれにしても、そういう、占いとか怖い話とか、いわゆる科学的でない話がすごい詳しい人ですね。

お笑い芸人さんだけあって、話の持って行き方なんかもめっちゃうまいし、怖い話だったら、ほんまにゾゾゾーッとしますもんね。

手相占いにしても同じく、手相の見方がオモロイです。エロ線、KY線、カリスマ線など、ネーミングがいいですわ。

昔から言われている、結婚線、感情線、金運線とか、そんなのももちろん気になるけど、島田秀平の命名した手相線は、その人の性格とか性癖とかに関わるものが多い感じがしますね。

なんとなく手相占いと聞くと、悪い意味でじゃないですけど、古いイメージがあるように思いますけど、エロ線とかKY線とかカリスマ線とかと言われると、急に新しい感じがしてくるから不思議です。

友達同士で、手のひら見合って、お前エロ線濃い過ぎやろー! KY線何重にあるねん!とか言いながら、手相占いを楽しめる感じがします。

確かに、かつて良くいた、道端で座っている易者さんとかのイメージだと、静かに、落ち着いて、という雰囲気があるんですが、島田秀平にかかれば、楽しむ手相占いに早変わり!という感じです。

いろんなスタンスで手相占いを楽しめるのはいいなと思います。

そうそう、そういえば、手相は常に変わっていくんだ、ということが、何となくほんとにそうなの?と思う私ですが、多分それは、自分が、手のひらのシワとしてしか、手相を認識していないからかもしれないですね。

島田秀平の手相占いで、カリスマ線、エロ線、KY線とか、いろんなオモロイ手相線の種類があります。

こういうネーミングですから、飲み会とかでもみんなでお互いの手相を見ながら遊べそうです。

見てみろ俺のカリスマ線を! お前は見ての通りKY線がくっきりしてやがるなぁ、アンタはなんという濃いエロ線を持ってるんや!なんて言いながら、ワイワイやる感じが目に浮かびます。

昔は手相占いというと、ちょっとしんみりしたイメージ、落ち着いた雰囲気の占いだという感覚が僕にはあったんですが、島田秀平の手相解説の現代語訳とでも言ったらいいのか、手相線のナウい命名のお陰で、すごく一般に浸透してきている感じがあります。

手相占い界における島田秀平は、かなり異色だと思えます。ベースがお笑い芸人なんで、余計に若い層へのアピール力が強いようにも思います。

手相を見続けて何十年というベテランさんから、何とかの甥、とかいうふうに称号?を与えられたとのことで、昔ながらの手相占いと、若者とを繋げる、架け橋のボジションにいるとも言えそうです。

島田秀平の手相占い
▼ 公式サイト ▼